リフォームローンとは?

HOME > リフォームローンとは?

家のリフォームのためのローンとは?

調査の画像

憧れのマイホームを手にした時の喜びは言葉では語れないものがあるでしょう。

しかし、喜んでばかりいられないのが持ち家。時間が経つと共に老朽化してきますので、10年を目安に家のリフォームが必要となり莫大な費用がかかる事もあります。

リフォームローンはしなければいけないという状況としたいという2つのパターンがあります。

前者は老朽化に伴うメンテナンスリフォームで10年に1回は必要と言われています。屋根の吹き替えだったり、畳の交換、お風呂場の修繕など内容は様々です。

後者は家の雰囲気を変えたい、間取りを変えてリビングを広くしたいなどで行うリフォームです。トイレを最新型にしたり、湯船を大きくしてゆったりしたいなど前者に比べると移住者の贅沢を反映させるものです。

と、2つのパターンがあるわけですがどちらもリフォーム費用が発生します。

メンテナンスであれば数十万円から出来る時もありますが、老朽化が進んでいると何百万円の費用が発生する場合もあります。

後者のリフォームに関しては、「したい」の限度によって金額が変わります、また、「したい」を実行に移せる程の資金的余裕があるという事でしょうから、予算の範囲で行えば特に問題ないと思います。

しかし、メンテナンスリフォームの場合はそうも言っていられません。経済的に余裕がなくても必要に迫られているので「しない」という選択は出来ないでしょう。

そんな時にお勧めなのがリフォームローン。住宅ローンを取り扱っている金融機関であれば取り扱いをしています。

リフォームローンは無担保で融資額は50万円から500万円程度と小さめですが住宅ローンに比べて審査も早めですし資金を受け取るまでの期間も短いのが特徴です。

もちろん、金利がかかりますので、金融機関の金利とプランを比較して融資を受ける銀行を選ぶようにしましょう。

リフォームローン比較ランキング 【2017年4月版】