リフォームローンの選び方は?

リフォームローン比較ランキング 【2017年6月版】

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 365日気軽に申し込み資料請求可能
  • 無担保のリフォームローンもあり
  • 一部繰上げ返済50万円から
  • 来店不要・安心サポート
スペック
矢印
申し込み

 

ランキング
  • ネットだけで手続きが完結
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 他銀行のリフォームローン借り換え可
  • 借り入れ金額10万円〜1,000万円
  • 借り入れ金額100万円までは年収証明不要
スペック
矢印
申し込み

 

ランキング
  • 住宅ローン借り換えとあわせて借り入れ
  • リフォームも住宅ローンと同じ金利
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 物件担保評価額に最大100%加算
スペック
矢印
申し込み

リフォームローンの選び方は?

調査の画像

家の増改築から、リノベーション、太陽光発電の導入、インテリアの購入などリフォームローンとひとくちに言ってもその用途や必要になる金額は様々。そのことがリフォームローン選びを難しくしているひとつの大きな問題になります。

 

たとえば大掛かりな増改築やリノベーションであれば、金利も安く、長期間、大きな金額を借りることができる銀行の住宅ローンを選ぶのがベストな選択になります。

 

しかし、家のちょっとした修理やインテリアの購入に住宅ローンを借りる方はいませんし、審査に通ることも無いでしょう。

 

このことからもわかるようにリフォームローンとは非常に大きな幅のあるローンなのです。

 

よく多くの方が迷われるのは無担保型と有担保型どちらのタイプのリフォームローンを選ぶのがいいのかという問題です。

 

無担保方のリフォームローンを見てみると、担保が必要ないということで比較的気軽に借りることができる、そして審査に通りやすいということがメリットとしてあがるでしょう。

 

また借り入れに手数料が必要ないのでこの点でも気軽に借入れすることができます。

 

しかし無担保方のリフォームローンは金利が高くなることが多く借り入れ限度額も低く、返済期間が短く設定されていることがほとんどです。

 

ですから無担保のリフォームローンを選ぶのは比較的小額なリフォームの場合が多くなります。

 

反対に担保が必要なリフォームローンの場合には低金利で、限度額も高く、返済期間も長いというメリットがありますがその反面、借り入れに手数料なども必要になり、審査も厳しくなります。

 

審査が甘く、低金利で限度額も高く、借りやすいといったリフォームローンは存在しないのです。

 

ですから、リフォームローンを選ぶ際には自分の必要な用途と金額だとどのタイプのものを選べばいいのかをまず考える必要があるでしょう。

 

難しい場合には、銀行に資料請求をしてシミュレーションを行ったり、相談をすることであなたの場合のベストチョイスが見つかりやすくなるはずです。

リフォームローン入門記事一覧

憧れのマイホームを手にした時の喜びは言葉では語れないものがあるでしょう。しかし、喜んでばかりいられないのが持ち家。時間が経つと共に老朽化してきますので、10年を目安に家のリフォームが必要となり莫大な費用がかかる事もあります。リフォームローンはしなければいけないという状況としたいという2つのパターンがあります。前者は老朽化に伴うメンテナンスリフォームで10年に1回は必要と言われています。屋根の吹き替...

メリットその1 無担保でOK!リフォームローンは借入時の担保が必要ありません。必要ないと言っても「家」が自動的に担保扱いになるので実際は担保があるとしてローンを組むと言う形ですね。また、家が担保としての契約になるので、審査も通りやすいのが特徴的です。メリットその2 審査が早く資金を受け取る期間も短い!住宅ローンをしたことのある人なら分かると思いますが、審査も厳しく審査に通った後も資金を手にするまで...

住宅ローンは住宅を建てたり購入したりする時のローンですが、家を改装するリフォームローンとはいくつか違いがありますので、紹介していきたいと思います。まず、一番の違いは金利にあります。リフォームローンでは融資額上限が500万円程度となっていますので、返済期間が長期にわたったとしても金利設定が高くなっていたとしても、返済金額が膨大に膨れ上がりません。しかし、一から家を建てるとなった場合、その金額はリフォ...

お金を融資してくれるローン会社には公的ローン会社と民間ローン会社があります。住宅金融公庫や年金住宅融資など公的な金融機関が提供するローンを公的ローンと言います。公的ローンは金利タイプが長期固定金利型となっているので、返済途中に世の中の金利が上昇したとしても、一切影響を受ける事がなく、返済計画にズレが生じないというメリットがあります。しかし、金利が若干高めに設定されており、審査基準も厳しく設定されて...

リフォームローンの金利は固定型と変動型の2種類があります。変動型金利とは、返済期間中、一定期間ごとに金利が見直されて変わっていくタイプです。申込時の金利が1.0%だったとしても1.5%あがる事もありますし、逆に0.5%と下がる事もあります。その為最終返済金額が計算しにくいというデメリットがあります。メリットは金利が下がった場合、最終返済額が当初計算時よりも安くなるという事ですね。また、返済額の見直...

リフォームローンを借りる為の条件ですが、意外と敷居は低く設定されています。金融機関によって条件に若干の違いはあるものの、大体は同じです。まず、申し込み出来る年齢は20歳以上とこれはどこも統一されています。年齢条件は65歳〜70歳が平均的ですね。つまり、20歳以上70歳未満であればリフォームローンに申し込めるという事です。ただ、銀行によっては20歳以上で75歳までに返済可能な方という所もあります。極...

ここでは「リフォームローン」によくある質問をQ&A形式でまとめています。あなたの疑問の解決のためにぜひ参考にしてください。Q:リフォームローンはどのようにしたらお得ですか?A:ローンを組むと言う事は絶対に金利が発生します。その為ローン会社の金利を比較するようにしましょう。返済期間と借入金額を出してそこから最終的な返済金額を割り出しましょう。その出た金額を比べて一番安いローン会社を利用すると良いと思...

固定型金利⇒ 固定型金利とはローン開始時から返済時まで金利が一律になるタイプのローンです。例えば10年で5.0%となっている場合、1年目から10年目までの金利は一切変わらず5.0%となります。借入金額と返済期間によっては最終的な返済額が安くなる事もあります。変動型金利 ⇒ 変動型金利とは、世の中の金利状況に応じて金利が変動するタイプのローンです。1年目は金利が安くても2年目以降はどのように金利が設...