住宅金融支援機構のリフォームローン

HOME > 住宅金融支援機構のリフォームローン

住宅金融支援機構(住宅金融支援機構)のリフォームローン

親子の画像

住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)は新築住宅やマンションの購入資金、リフォーム資金の融資を行っている団体です。特徴は低金利で固定金利というスタイルであることです。

その為、返済計画が立てやすい上に、金利による利息が高くないというメリットがあります。

融資は財形住宅、分譲住宅購入、マイホーム新築、マンション購入、建売住宅購入、リ・ユース住宅購入となっており、いずれも1年中申し込むことが可能となっています。

電話での相談窓口が用意されているので、分からない事があったり、どのような返済スタイルが良いのか分からない方は相談してみると良いでしょう。

それだけでなく、定期的に各地で相談会も実施しています。

住宅金融支援機構のリフォームローンは「返済しやすい環境の提供」となっている為、低金利で固定型になっているのですが、それだけでなく返済途中で毎月の返済額が辛くなった場合の救済案なども用意されています。

例えば、元金措置期間。これは返済が辛くなった場合、元金の支払いを一時休止して利息だけを払う期間の事です。期間は最長3年と長く設定されているので、生活を圧迫することなく返済していくことが可能です。

それだけでなく、金利が6%を超えている様な場合は5%までの引き下げが出来たりもします。(対象が6%以上の金利なので金利が8%の場合でも5%まで引き下げが可能)他のローン会社でもこのような救済案はありますが、住宅金融支援機構は他に比べて柔軟な対応を取っています。

リフォームローンに不安を持っている方や初めてローンを申し込む方は住宅金融支援機構のローンが良いと思われます。

リフォームローン比較ランキング 【2017年3月版】