住宅金融支援機構の借り入れ条件

HOME > 住宅金融支援機構の借り入れ条件

住宅金融支援機構のリフォームローンの借り入れ条件をチェック

親子の画像

住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)が融資をメインに活動している機関とは言え、お金を貸すのですから当然借入条件が設定されています。

この条件をクリアできないと融資を受けることは出来ませんので、事前に確認をしておきましょう。

まず、年齢ですが住宅金融支援機構においては申込日に79歳未満である事と定められています。(住宅ローンの場合は70歳未満となります)他の機関では75歳までの返済が条件などと設定されていますので、ここは大きなメリットですね。

次に改装面積ですがリフォーム後の床面積が40平方メートル以上である事と定められており、これを下回る場合は融資の対象外となります。

また、融資対象はあくまでも「自宅」となりますので店舗や事務所は融資対象外となります。

そして一番肝心な年収。これは年収に占める全ての借入金額の割合が基準値を満たしている場合と設定されています。

具体的に言うと年収400万円未満であれば借入金額が年収の30%以下、年収400万円以上の場合は借入金額が年収の35%以下である事です。

この時の「全ての借入金額」とはリフォームローンだけを指すものではなく、クレジットや教育ローン、自動車ローンなど毎月の返済が必要とするものも含みます。

他にも細かい条件がいくつかありますが、住宅を所有している方であれば満たしていると思いますので特に気にする必要はないでしょう。

住宅金融支援機構で借入を考えている方は、上記3つの条件をクリアしているかどうかをチェックしてみましょう。

リフォームローン比較ランキング 【2017年3月版】