無担保と有担保の違いは?

HOME > 無担保と有担保の違いは?

リフォームローンの担保について

顔

無担保と有担保の違いは?

リフォームには無担保のものや有担保のものがあると聞きました。詳しい違いを教えてください。

また、リフォームローンは、銀行以外で組む場合、どこで組むことが出来ますか?


相談員

リフォームローンの担保

有担保ローンは、その名の通り担保が必要なリフォームローンです。有担保ローンは住宅ローンとほぼ同じ仕組みとなっており、無担保ローンに比べると低金利で融資を受けることが出来ます。

ちなみにりそな銀行では、無担保ローンは最大2000万円までの融資となっていますが、有担保になると最大3000万円まで借り入れることが可能です。(通常は無担保の場合500万円くらいまでが一般的です。)

一見すると、有担保のほうが良いところばかりと思うかもしれませんが、有担保の場合、現在住んでいる住宅を担保に入れる必要がありますし、住宅の査定額が低いと、希望額を満額融資してもらえない可能性もあります。

また、有担保ローンは、保証料、手数料、抵当権設定登記等といった費用が多く発生するとともに、それに伴う手続きや書類の数も必然的に多くなります。

無担保ローンは、担保無しで借りられるローンです。借り入れ条件は、有担保と比較すると比較的緩くなっているほか、金融機関によっては、即日で審査が完了する場合もあります。

但し、金融機関や個人情報にもよりますが、担保がない場合、融資してもらえる額は500万円程度ですので、大規模なリフォームをしたい場合には適しません。

また、有担保ローンと比較すると、金利が高く、返済期限も短いという特徴もあります。

リフォームローンを提供しているところは、銀行や信用金庫のほかに、クレジット会社、住宅金融支援機構などがあります。

クレジット会社のリフォームローンは、手っ取り早く借りられるという利点がありますが、金利は銀行等に比べると高い場合がほとんどです

ただ、小規模の借り入れで、短期間で完済するようなローンだった場合、銀行で借りるよりも安くなる場合がありますので、検討する余地は十分にあります。

住宅金融支援機構は、住宅債券「つみたてくん」の積立者、及び住宅積立郵便貯金積立者で一定の要件を満たす方がリフォームローンを利用することができます。(耐震改修工事、高齢者向け返済特例制度を利用する方も利用できます。)

但し、住宅金融支援機構の場合、融資額は工事費の80%以内と定められており、全額は融資してもらえません。

そのほかにも、リフォームローンには金利タイプの違いがあり、変動タイプか固定タイプのどちらかを選ぶことが可能です。

リフォームローン比較ランキング 【2017年4月版】