リフォームローン審査の必要書類は?

リフォームローンの審査で必要な書類は?

 

 

リフォームローンの必要書類

 

銀行でリフォームローンの審査を受けるために必要な書類を教えてください。


 

 

 

金融機関によって異なりますが

・本人確認資料(運転免許証または健康保険証等)
・所得証明書 (源泉徴収票または公的所得証明書等)
・見積書および工事請負契約書
・建物平面図、リフォーム箇所の特定できる図面
・外構工事の場合は外構図面
・土地建物の登記簿謄本(3ヵ月以内のもの)
・勤続年数の確認書類の写し(健康保険証など)
・自宅建物登記簿謄本(取得後1ヵ月以内のもの)
・資金使途および所要金額を確認できる書面の写し
・住宅ローンを利用中の方は返済状況確認資料
・印鑑証明書
・住民票謄本
・実印
・健康保険証

 

金融機関によって、必要書類は異なります。

 

また、条件などによっても必要書類は変ってきますので、まずは金融機関にお問い合わせください。

 

以下、3大銀行のリフォームローン時に必用な書類を紹介します。

 

三井住友銀行では、以下の書類が必要となります。

 

・本人確認資料(運転免許証(有効期限内のもの)、パスポート(有効期限内のもの)、印鑑証明書(発行後1ヵ月以内のもの)のいずれか1つ)
・住民票謄本(発行後1ヵ月以内で、家族全員分の記載のあるもの)または外国人登録原票記載事項証明書(発行後1ヵ月以内のもの))
・印鑑証明書(発行後1ヵ月以内のもの)
・健康保険証
・申し込み者本人の年収を確認できる資料(市区町村が発行する所得証明書および源泉徴収票(直近1期分)、納税証明書、および確定申告書
・同付表)
・土地
・建物の不動産登記簿謄本(発行後1ヵ月以内のもの)
・使いみちが確認できる資料(工事請負契約書および見積書等)

 

※いずれも原本

 

三菱東京UFJ銀行では、以下の書類が必要となります。

 

・本人確認資料(運転免許証またはパスポートおよび住民基本台帳カード(顔写真付き)のコピー(有効期間内のもの)
・健康保険証のコピー(住所欄に現住所の記入があるものに限る)
・源泉徴収票または住民税決定通知書または確定申告書 (個人事業者の方は確定申告書または納税証明書その1、その2 の2通)のコピー
・納付書、または資金使途(金額、振込先等が記載されているもの)を確認する書類

 

みずほ銀行では、以下の書類が必要となります。

 

・印鑑(普通預金取引印)
・本人であることを確認できる資料のコピーいずれか1通(運転免許証、パスポート、各種健康保険証、印鑑証明書、住民票、外国人登録原票記載事項証明書(いずれも発行後3ヵ月以内のもので、氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限る))
・本人の年収を確認できる資料のコピーいずれか1通(源泉徴収票、 住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書(その1
・その2))
・資金使途を証明するもの(見積書
・契約書など)
・リフォームの対象となる建物の不動産登記簿謄本(発行後3ヵ月以内のもの)


リフォームローン比較ランキング 【2017年7月版】

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 365日気軽に申し込み資料請求可能
  • 無担保のリフォームローンもあり
  • 一部繰上げ返済50万円から
  • 来店不要・安心サポート
スペック
矢印
申し込み
ランキング
  • ネットだけで手続きが完結
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 他銀行のリフォームローン借り換え可
  • 借り入れ金額10万円〜1,000万円
  • 借り入れ金額100万円までは年収証明不要
スペック
矢印
申し込み
ランキング
  • 住宅ローン借り換えとあわせて借り入れ
  • リフォームも住宅ローンと同じ金利
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 物件担保評価額に最大100%加算
スペック
矢印
申し込み