リフォームローン減税

HOME > リフォームローン減税

リフォームローン減税について

勉強中の画像

この項ではちょっと難しいお話をしますが、税金に関わってくる事なので頑張って覚えて欲しいと思います。

膨大な工事費を必要とするリフォームですが、リフォームローンは減税の対象となります。

確定申告時の控除対象になるというわけですね。ただ、これにはいくつか条件があります。まず、工事に要した費用(総額)が100万円を超えている事が条件となります。

そして、リフォーム後の床面積が50平方メートル以上あり、リフォーム後の床面積の1/2以上が居住用となっている事が条件です。

あと、工事部分のうち事故の居住用以外に該当する部分がある場合は、居住用の工事費用が総額の1/2以上である事と定められています。例えば、室内のリフォームが50万円で庭のなどの改修が60万円では減税対象外という事です。

または、キッチン、浴室、トイレなどの修繕工事となります。加えてバリアフリーや省エネ対策を目的とした工事も対象となっています。

対象条件が幅広くありますが、これに該当しない場合は減税対象とならないので注意しましょう。

この減税条件は2008年までは本人が所有して居住していることと定められていましたが2009年に改定されて、本人が所有さえしていれば工事以前から居住していなくても良くなりました。

例えば、中古住宅の購入と同時にリフォームを行った場合ですが、購入してから直ぐにリフォームをすれば居住が購入半年後であったとしても減税出来るという事ですね。

この様に条件改定が行われたことにより中古住宅を購入しやすくなったと言えます。ただ、これはあくまでも減税なので購入時の資金が安くなるという事ではありません、その点には注意が必要です。

リフォームローン比較ランキング 【2017年4月版】