リフォームローン選びで損しない方法

リフォームローン比較ランキング 【2017年10月版】

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 365日気軽に申し込み資料請求可能
  • 無担保のリフォームローンもあり
  • 一部繰上げ返済50万円から
  • 来店不要・安心サポート
スペック
矢印
申し込み
ランキング
  • ネットだけで手続きが完結
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 他銀行のリフォームローン借り換え可
  • 借り入れ金額10万円〜1,000万円
  • 借り入れ金額100万円までは年収証明不要
スペック
矢印
申し込み
ランキング
  • 住宅ローン借り換えとあわせて借り入れ
  • リフォームも住宅ローンと同じ金利
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 物件担保評価額に最大100%加算
スペック
矢印
申し込み

リフォームローン選びのコツ記事一覧

リフォームローンの申し込みを考えた時、真っ先にして欲しいのがリフォームローンの比較です。リフォームローン会社にお金を借りるといっても、会社によって金利も違えばローンプランも違います。その為、何も考えずに申し込みをしてしまうと後から「やっぱりB社にしておけばよかった…」と後悔してしまう事も考えられます。申し込み前に比較をしっかりと行い損をしないローンをして欲しいと思います。では、肝心の比較ポイントで...

リフォームローンの比較条件に金利計算がありますが、0.001%の差も計算しなければいけないので非常に面倒です。万が一計算方法が間違ってしまうと後の返済計画にもズレが生じてきますよね。そこで、利用して欲しいのがリフォームローンシミュレーションです。各銀行のホームページにはシミュレーターがありますので、それを使って返済金額の計算を行う事が出来ます。シミューレーターの機能は非常に優れており、ボーナス返済...

この項ではちょっと難しいお話をしますが、税金に関わってくる事なので頑張って覚えて欲しいと思います。膨大な工事費を必要とするリフォームですが、リフォームローンは減税の対象となります。確定申告時の控除対象になるというわけですね。ただ、これにはいくつか条件があります。まず、工事に要した費用(総額)が100万円を超えている事が条件となります。そして、リフォーム後の床面積が50平方メートル以上あり、リフォー...

リフォームローンの金利比較をする際ですが、固定金利型と変動金利型の2つを比較するようにしましょう。金融機関ごとの特徴がありますので、A社では固定金利が4.0%、変動金利が2.0〜、B社は固定金利が5.0%で変動金利が1.8%〜など特徴があります。また変動金利の場合ですが2年目以降の金利の上昇率にも注目するようにしましょう。ホームページを見ると「変動型金利1.8%〜!」と大きく掲載している所が多いで...

リフォームローンに申し込むのであれば低金利のローンの方がお得です。そんな時にお勧めなのが住宅金融公庫の住宅ローン。住宅金融公庫は固定金利型で低金利となっていますので利息が膨らみにくいです。その為、借入金が多くても後々返済が大変になることも滅多にありません。また、途中で返済が困難になった方への救済案も豊富に用意されているので、初めてローンを利用する人にとっても大変お勧めです。と、これはあくまで初めて...

リフォームローンの審査ですが、住宅ローンに比べて審査基準は甘くなっています。これは、審査が甘いというよりも既に家を保持しているという社会的信用の部分と担保となる土地・住宅があるために審査基準を低く設けているのです。例えば、年齢で言えば満20歳以上からとなり、年齢の上限は「80歳までに完済できる方」と完済時の年齢が設定されています。簡単にいうと、80歳までの返済が条件となっている場合は1年で返済でき...

家電製品を対象に実施されているエコポイント。実は、このエコポイントが家電製品だけでなく住宅にも対応しているって知っていましたか?住宅版のエコポイントになっているのが「住宅エコポイント」。住宅エコポイントは地球温暖化対策の推進や経済の活性化を図る目的として制定されており、エコ住宅を新築したり、リフォームした時に発行されるポイントです。この住宅エコポイントを貯めることによって、様々な商品と交換できるほ...