リフォームローンの金利比較

リフォームローンの金利比較でおすすめの銀行は?

口コミイメージ

リフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

 

考えられる要因として借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

 

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった諸問題が影響したのかもしれません。

 

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

 

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる第一歩となります。

 

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

 

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

 

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

 

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

 

無理のない返済額に応じた借入額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

 

リフォームローンのシミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

 

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

 

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

 

個人情報を登録することはないので軽い気持ちで利用することができます。

 

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから積極的に利用することをお勧めします。

 

オリコのリフォームローンについて紹介します。

 

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

 

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

 

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

 

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらず太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

 

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

 

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

 

減税の対象となるリフォーム工事には何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

 

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。

 

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

 

また減税の申請は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をする必要があります。

 

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

 

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

 

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

 

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

 

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

 

リフォームローンを探すオススメの方法として口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

 

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるのでネットの情報だけに頼ってしまうのはいけません。

 

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

 

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

 

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

 

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは工事業者によって異なります。

 

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いという業者もいます。

 

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

 

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。