リフォームローン金利比較

リフォームローン比較で増築・改築・改装する!

古くなった自宅を建替えるのではなくリフォームをされる方が増えています。ライフスタイルの変化に合わせて高齢者向け住宅に改装したり2世帯住宅に改築するなど住環境を格安価格で豊かにすることができるためこれからますます注目されるでしょう。その費用を借りられるリフォームローンについて金利や審査を比較しおすすめの銀行を紹介します。

どんなもの? 金利が安いのは? 良くある質問
探し方 おすすめ 公的融資

リフォームローン比較ランキング 【2017年3月版】

リフォームローン口コミ体験談の一部をご紹介

顔

ろうきんで借り入れ

実家の話ですが、築50年の家で色々水周りなどが駄目になってきて、リフォームすることになりました。なぜそのリフォームローン会社にしたかは弟が色々調べて来たからです。ローンを組むのは弟だったので。担当の人の対応はすごくいいと言っていました。利率も思ったより安くて、対応が何しろ早いと言っていました。

リフォーム会社は昔からの知り合いの方が経営しているところで、まずその人に信頼感があり、施工自体をその人もすると知っていたので決めました。とても腕のいい人と有名だったので。その会社の対応は、以前からの付き合いもありとてもよかったです。次なにかあっても、そこに頼むと思います。何より信頼関係が大事だなあと思いました。

30代 会社員

顔

みずほ銀行で借り入れ

もともと住宅ローンをこちらで借りていたためです。私の家は中古で買いました。築15年になるため、キッチンやトイレ、風呂等の水回りを交換しようと思いリフォームローンを利用しました。住宅ローンを借りていると、店頭表示金利より年0.20%金利割引があったため、魅力的だと感じて選びました。担当の方もよく知っている方のため、気軽に相談することができました。

30代主婦

顔

三井住友銀行で借り入れ

私は、両親との同居において、その折り合いが悪く、実家を二世帯住宅に改造するリフォームを行い、リフォームローンを利用しました。その額は、約1600万円で、15年間の返済プランを組みました。月々の返済額は約6万円、ボーナス月には、約15万円の加算です。

その後、思わぬ会社の都合による転勤で家族で引っ越すこととなりました。そのため、転勤先の賃貸住宅の家賃とリフォームローンを同時に支払うこととなり生活はかなり厳しくなりました。特に、月々の生活費は給料だけでは赤字になり、ボーナスを貯金して、切り崩す。もちろん、貯金などできません。臨時の支出があるときは借金をすることもありました。

しかし、リフォームローンは支払う義務があり、また、お金に換価することができません。よって、支払い続けるしかありません。今、考えれば、実家を二世帯住宅にするのではなく、戸建てを購入して、別居すべきであったと後悔しています。そうすれば、転勤後、賃貸にするなり、売却するなりの方法で、換金できたわけですから。

したがって、リフォームを行う場合、多額になるとリフォームローンを利用する必要が出てきますが、自分のライフプランを十分、吟味した上で利用することをお勧めます。

40代会社員

リフォームローン比較の重要なポイントは?

だんらんの画像

念願のマイホームも時間がたてば古くなります。老朽化した外壁や屋根、内壁などの修理や改修、メンテナンスが必要となることもあるでしょう。

また、年齢を重ねライフスタイルが変わっていくにつれて、高齢者向けバリアフリー住宅にしたり、2世帯住宅にするなどの増改築・リフォームが必要になることもあります。バリアフリー住宅や耐震性を高める改築などに注目が集まったり、住宅版エコポイントの制度が登場してきたことでさらにその重要度は高まっています。

そういったリフォームを行うための費用を融資するのがリフォームローンです。特徴をみてみると一般的に融資額は50万円から500万円と比較的少額になります。また無担保のものも多く、住宅ローンと比較すると審査も早く条件もそれほど厳しくありません。しかし金利・利息に関しては通常の住宅ローンよりも高くなっているものがほとんどです。

無担保のリフォームローンは銀行やノンバンクなど様々な金融機関が取り扱っていてそのタイプも様々なものがあります。

当然融資を受ける場合には審査が通りやすく、そしてできるだけ金利が低い、つまり返済負担が軽く返しやすいリフォームローンを借りることが理想です。

そのためには多くのローンをそれぞれ比較して少しでも金利の低いもの、条件の良いものを探す作業が必要となります。また金利だけみてもそのタイプには固定金利型と変動金利型の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、そこでもしっかりと比較して選ばなければいけません。

さらに民間の銀行やノンバンクだけではなく、住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)が行っているリフォームローンなどもありますから、自分に最適なものを比較して選ぶのも実は大変なことなのです。

また当然融資を受けるためには様々な条件もあります。とくに住宅金融支援機構などの公的融資を受けるためにはしっかりその条件を満たしておく必要があるためそういった条件のチェックも必要です。さらに住宅ローン減税の拡充によってリフォームローンの減税もよりメリットが大きくなっています。

当サイトはできるだけ有利に、そしてお得にリフォームローンを借りるために必要な情報を集めそれらを比較してあなたに最適なものをご案内しています。リフォームローンについてしっかり勉強したいという方はぜひ参考にしてください。

リフォームローンの注意点とは?

注意の画像

家の老朽化や増築など家は買った後にも比較的お金がかかる事が多いもの。

しかし一般的に大きな改修などを行う時に全て現金で払える人は少ないと思います。そんな時に使えるのがリフォームローンです。

リフォームローンの特徴としては、家の改修やオール電化やシステムキッチンの新設など住宅の改修・改築にかかる事に使う事を目的としたもの。限度額が住宅ローンに比較すると枠が少ないですが、金利に関しては住宅ローンに近い設定にしている金融機関が多いので低利息で借りられるのが特徴。

今までの日本の建築概念では欧米と比較して住宅の耐用年数が短く50年住宅がメインだった為に現在その影響がでてきているのも実情です。国は200年住宅と言われる長期優良住宅の普及に努めていますが過去の建築物に対しても住宅の寿命を伸ばす事を念頭においています。

このような国の働きかけにより税金が控除される金額が多くなって借りている金額の1.0%で最大控除額は10年間で500万円とい制度を施行しました。

しかし全ての方に適用されるのではなく税金の控除には条件が数項目あります。例えば自分の所有物件である事や総工事費が100万円以上である事や省エネ・耐震・バリアフリーなどの為の用途にも使う事などが挙げられます。

前に比べて条件が緩和されているのでリフォームローンを利用した際にマイナスになる事は無いので積極的に利用して良い制度だと思います。最近では金融公庫との提携で金融機関から様々なリフォームローンが販売されています。

それぞれにメリット・デメリットがあるのでリフォームローン比較を参考にして自分に合った物を探してみてはいかがですか?

リフォームローン銀行別に詳しくチェック!

サムネイル

イオン銀行リフォームローン

【イオンならではのサービスで注目を集める】
小売り大手のイオングループのイオン銀行は他の金融機関にはない独自のサービスが魅力。店舗であるインストアブランチは全国各地のイオンショッピングセンター内に設置してあり365日利用可能という便利さ。そしてサービスの質の高さで今口コミで最も注目されている銀行です。イオン銀行リフォームローンの内容を見てみると、借入金額は30万円以上500万円以内・借入期間は1年以上10年以内・変動金利・担保、保証人不要・手数料無料という好条件なのが特徴です。金利はイオン銀行の無担保ローン基準金利+1.5%で毎年2回の見直しがあります。資金使途はリフォームローンですから増改築・改装・補修・車庫の設置・造園・システムキッチン等の住宅関連設備の工事及び購入に伴う費用となっています。どのような方が借り入れ可能なのか借り入れ条件をみると、契約時の年齢が満20歳以上60歳以下ということで通常の住宅ローンよりも条件が厳しくなっています。その他の条件としてはイオン銀行に普通預金口座をお持ちの方。前年度税込み年収が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方。保証会社のイオンクレジットサービスの補償を受けられる方となっています。比較的気軽に借り入れることができるリフォームローンとしておすすめです。さらに、住宅ローンをご利用中の方に注目してほしいのが、リフォーム活用プランです。イオン銀行の住宅ローンは、借換とあわせてリフォームにも利用できる点が他社と異なります。借換えによって月々の住宅ローン返済額が減ると、新たにリフォーム分を借り入れても返済額の増加が緩和できます。住宅ローンを返済中の方は、リフォームと同時に住宅ローンの借換を検討するのがかしこい選択と言えますね。

>> イオン銀行公式サイトへ <<
商品スペック

サムネイル ソニー銀行住宅ローン

【ソニーのネット専業銀行・住宅ローンが人気】
ソニー系列のネットバンクであるソニー銀行は使いやすいと口コミでも評判。ネットバンクということで来店不要、リフォームローンの申し込みから契約まですべての手続きはインターネット上で可能。またネットバンクのメリットを生かし、保証料・団体信用生命保険料0円を達成。保証会社を利用せず、団信保険料は銀行側が負担してくれます。手数料も安く抑えられているのもソニー銀行の魅力、取扱手数料固定タイプでは42,000円と他と比較しても低くなっています。また繰り上げ返済も気軽にできるようになっており、手数料0円で1万円から回数制限なしで何回でも可能。書類の提出もいらずネットで手続きできるので余裕ができたらすぐに繰り上げ返済が可能になります。また担当のローンアドバイザーがあなたの疑問点の相談や契約手続きを最後までしっかりサポートしてくれるので不慣れな方でも安心。金利水準もネットバンクならではの低さ、当サイトおすすめのリフォームローンです。

商品スペック